PAGE TOP

芸能人も納得の“実生活に役立つコンサルティング”を披露

芸能人も納得の“実生活に役立つコンサルティング”を披露

東京MXテレビ「コンサルの天才」初出演!

 「コンサルタント」に焦点を置き、各業界のコンサルタントのプロフェッショナルを紹介する「コンサルの天才」が2020年12月19日(土)に放映されました。第1回目の今回、弊社代表取締役 高野俊一が出演し、元AKB48の西野未姫さんやモデルでタレントのユージさんの悩みにアドバイスをする形で、会社経営だけでなく実生活で役立つチーム作りの極意を伝授しました。

 “コンサルタント”という仕事に対してあまり詳しくなかった司会の方々にも興味を持っていただき、企業単位の組織に対して行われるものと考えられがちなコンサルティングを、“チーム”という括りの身近な問題に置き換えてお伝えいたしました。結果的に、コンサルティングの考えが自身の生活にも生かすことができることを知っていただくきっかけを作ることができました。

 弊社では今後も今回テレビ出演のように、企業だけでなく、家庭や友人関係、部活など、誰にでも当てはまるような身近な“チーム”の問題解決に役立つ情報を発信していきたいと考えております。番組の中で、向井さん、西野さん、ユージさんからは、「全部共感してくれる」「一度(話を)キャッチしてくれる」との声が上がり、高野からのアドバイスに対して、西野さんは「その通りですね」「なるほど」と、ユージさんは「勉強になる」など、納得の声をいただきました。

〈番組中のトークを一部抜粋〉

◎西野未姫さん:AKB48のチームづくりについて

 西野未姫さんの悩み:(AKB48に所属していたころは、)引っ張っていきたいタイプだったので、ストレッチの掛け声を大きな声でしていたが、みんなそれに続いてくれなかった。

 高野からのアドバイス:組織というは、現状とあるべき姿とのギャップを埋めることが大事です。例えば、「売れたい」だとか、「人気者になりたい」とか「ファンを増やしたい」だとか、そのようなあるべき姿に対して私たちはどうか、と考えることです。対策ばっかり話し合ってしまうというのが組織のよくある問題なんですよ。

 だから、「声出して」などというのは“対策”なんですよ。そもそも私たちはどんなチームになりたか?というあるべき姿が一致していたら、表現に気を付けなくてもうまくいくんですよ。

【高野が考える大人数のチームをまとめる方法】
問題に対して対策ばかりに固執せず、どうなっていきたいか等目標を共有すること

◎ユージさん:家庭のチーム作りについて

ユージさんの家庭の悩み:奥様に対してネガティブな発言や、しつこく接してしまうことがある。ユージさんはそれについて話し合う時間を設けていない。

高野からのアドバイス:今回奥様から意見を言っていただいているっていうのはすごくいい機会で、これを嫌なこととして捉えるのではなくて、乗り越えるきっかけにしていただけるといいと思います。

 片方が我慢する形だとあまりうまくいかないと思いますね。組織では、我慢するとか、制限するというのはうまくいかない。しつこく接してそれだけ愛情があるということなので、その強みを思いっきり出し、表現の仕方を少し変えることで、理想像が最適化するのではないでしょうか。

【高野が考える奥様の不満を解消する方法】

  1.  不満を知ったのはいい機会と捉え、その不満に対してどうしていけば良いかを考える
  2.  不満に対して我慢するという対処はうまくいかない。やり方を変えて対応する等最適化することが大事

リモートワークの新時代を生きるリーダーへ送る著書
『その仕事、部下に任せなさい。』発売中

 組織開発に20年以上従事した専門家が、自らの実体験に基づいて研究した再現性の高い「技術」が一つ一つのセクションで簡潔に述べられています。“任せること”について、「手法」「論理」「体験談」などを主軸とした様々な書籍が出版されている中、すべてを網羅した「技術」に昇華させた点が本書の特徴です。

 昨今の新型コロナウイルス感染拡大の影響によって、リモートワークやオンラインでの会議が主流となり、これまでのように対面でのコミュニケーションが難しくなっています。部下の管理がこれまで通りにはいかず、リーダー側の頭を悩ませているのが現状です。
 本書で得られる「任せる」技術は、部下が自ら仕事に責任をもって遂行できるような仕組みづくり、チームづくりを本質的に理解することで、リモートワークが進んでいく時代の流れにも応用が可能です。

 そのほかにも、チーム作りに学ぶ、生活をより良いものに変えていくヒントが詰まった一冊です。

書籍概要

書籍名 : その仕事、部下に任せなさい。
著者名 : 高野 俊一
発売日 : 2020/8/31
ページ数: 254ページ
定価  : 本体1,400円(税別)
発行元 : アルファポリス

著者来歴

 高野 俊一(たかの しゅんいち)

株式会社チームD 代表取締役。
 2001年 大手コンサルティング会社「日本LCA」に入社、人事制度構築コンサルティングを中心にマネジメントに取り組む。MS(外食・小売り・サービス業)事業部へ異動後、ミステリーショッピングリサーチを使った風土改善、チーム作りのコンサルティングを行う。2005年にコンサルタント・オブ・ザ・イヤー受賞、1年後にコンサルティング部門マネージャーに昇進。2008年 MS事業が独立分社化し、新会社「MS&Consulting」発足と同時に転籍。
 2012年 株式会社チームD発足、代表取締役に就任。チームドック~組織健康度診断~開発等に尽力。2020年 YouTubeチャンネル「チームD大学」を開設、登録者数1.7万人以上を獲得し精力的に活動。
 同年、著書「その仕事、部下に任せなさい」を出版。

YouTubeチャンネル:タカ社長のチームD大学https://www.youtube.com/channel/UCTD5TFtLSAAq4gUuDxZ3zrg

 株式会社チームDは「チームの力で個の可能性を最大化する」を経営理念とし、チームをデザインするプロセスを提供し、社会をより豊かなものにすることを目指しています。

[会社概要]
会社名 : 株式会社チームD
所在地 : 神奈川県川崎市中原区市ノ坪449-3-2402
代表者 : 代表取締役 高野俊一
事業内容: 外食、エステ、美容室、携帯ショップ、医科歯科などの店舗ビジネスを対象にした組織開発コンサルティング
URL  : https://www.teamd.co.jp/